みなさん、こんにちは。Citrixコンサルタントの二宮です。Citrixコンサルティングサービス部では、日々お客様の案件のご支援をしておりますが、案件の中で生まれたナレッジを部内で共有しております。詳しくは過去の「コンサルティングサービス部のご紹介」ブログをご参照下さい。本ブログでは過去にコンサルティングサービス部内で共有されたナレッジをピックアップし、ご紹介したいと思います。今回は、「Citrix Virtual Apps and Desktops Service with Azure Virtual Desktop環境でAzure Active Directory Domain Servicesを利用する」をテーマにご紹介します。

Citrix Virtual Apps and Desktops Service(以下CVADS)は従来オンプレ環境のCitrix Virtual Apps and Desktopsと同様にMicrosoft Active Directory(以下AD)が必須コンポーネントです。CVADSにてリソースロケーションとしてMicrosoft Azureを利用する場合には、Microsoft Azure Active Directory Domain Services(以下Azure AD DS)も利用可能です。Azure AD DSはAzure 上に展開されたマネージドドメインサービスで、ドメインコントローラーをデプロイすることなく、オンプレミスのADで利用していた、LDAP認証やKerberos認証、グループポリシーの管理を行うことが可能です。これらの機能はMicrosoft Azure …

The post Citrix Virtual Apps and Desktop service with Microsoft Azure Virtual Desktop環境でAzure Active Directory Domain Serviceを利用する first appeared on Citrix Blogs.

  

Related Stories

Share →