こんにちは、Citrixコンサルタントの滝澤です。

様々な要素を認証シーケンスに取り込んで多要素認証を構成する、Citrix ADCのnFactor機能を紹介します。

複雑な設定を思い浮かべた方もいらっしゃるかもしれません。今回は、nFactorの設定概念をできるだけシンプルにわかりやすく説明します。このブログがnFactorを触る方のまずは初めのとっかかりのお役に立てれば幸いです。

nFactorを実現する各認証要素の定義をPolicy Labelと言います。このPolicy Labelをつなぎ合わせることで、要素と要素を連結させて多要素認証が成り立ちます。

Policy Labelが全体構成の中のどこに位置するか、Citrix ADCの設定定義も含めて下図で見ていきましょう。Citrix Virtual Apps and Desktops環境にユーザーがアクセスする場合のCitrix Gatewayを構成例としています。

ユーザーは、Gateway Virtual Serverに紐づくAAA Virtual Serverで認証がなされます。

最初はAAA Virtual Serverに紐づくAuthentication Policy及びActionで認証が行われ、その認証をパスすると、ネクストファクターであるPolicy Label N2に遷移し第二要素の認証が始まります、そして第三要素に続いていきます、この流れが冒頭に触れた要素と要素をつなぎ合わせて多要素認証が成り立つ仕組みです。

本ブログでは、nFactorの基本的な構成について説明しますので、どのようなPolicyやActionがあるのかという事は深くは触れませんが、一例としてLDAP認証を取り上げます。

例えば第一要素でLDAP Actionを使用してAD連携から認証を行います。ユーザーが入力する画面イメージは下図になります。このログイン画面上でのユーザーの入力項目の構成をLogin Schemaと言います。

ユーザーによって入力された情報を元に、Citrix ADCはLDAPサーバーに問い合わせを行います。

では、このLogin Schemaは設定上どのように定義されるのか、見ていきます。

Login Schemaは、ユーザーが情報を入力する枠です。ユーザーが情報を入力するタイミング毎に入力情報の内容に適したLogin Schemaを紐づけます。

サンプルとして下図を説明します、ユーザーはCitrix GatewayにアクセスするとAAA Virtual …

The post Citrix ADCのnFactor設定イメージ first appeared on Citrix Blogs.

  

Related Stories

Share →